2014年09月12日

VDIMがなんの略であるかを知っている

静止画035.jpg面倒なので本文から抜粋

VDIM>> トヨタのマジェスタやレクサスに搭載されている(Vihicle Dynamics
Integrated Management)V D I
Mは、簡単にいえばクルマを思い通りに、そして安全に走らせる総合制御装置です。
高速道路を走っていたとしましょう。
路面は雨上がりで濡れています。
緩やかなコーナーにいつもより少し速い速度で進入しました。
このときV D I
Mは、クルマが滑り出しそうだと判断したら、アクセルを少し戻した状態にして、前後左右のブレーキを巧みにコントロールしながらコーナーの走行をサポートします。
この時にブレーキのコントロールだけではなく、ステアリングの切れ角も最適にしてくれます。
必要以上に切っていたとしても修正してくれるのです。
独立した何か1つの制御ではなく、エンジンの制御からブレーキ、ステアリングなどを総合制御しているのがすごいところで、ドライバーの意思に添った自然な制御を行ってくれるのです。
ところで、これは新技術全般にいえることですが、技術を過信して無茶な運転をすることは絶対に控えてください。
いざという時の保険だと考えましょう。




POSEはCLIEのROMでは動かないし、メモリースティックに抜けたしで、やらんければと思っていた
Clie Tシリーズ用 232C HotSync ケーブルを ストレートケーブルに改造
といってもアタマを付け替えただけだが・・・
posted by Gen at 21:49| 三重 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Z31が好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405319206
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
最近のトラックバック