2006年09月06日

究極の手帳術

先日、まとめ買いした中の一冊だが
初版が91年と少し古い(〜〜;
内容はと まだ半分しか読んでいないがボストイットと能率手帳の組合せで情報整理について書かれています 手帳はホケットに入れ持ち運ぶという考えは一致するが能率手帳はあの閉じ込み付近の書きづらさ やはり好きになれないだろう
古いから今のように PDAが今ほど進化し自分でリフィルを手軽に印刷し作るという考えが少なかったのでしょう
ただ、私の仕事上 ミニ5穴のシステム手帳もPDAも必ず持って作業出来るわけではないのでボストイットはよく利用しついる 
最近、見つけたグッズで 百円ショップに売っている〔カッティングメモ〕なるメモパッド大きさが色んなサイズのシステム手帳のリフィルと同じ大きさになっているので愛用のシステム手帳用のパンチを購入すればボストイットぐらいやくだちそうだ。

ミニ5穴のシステム手帳は小さくていいのだがPDAと同じでジーンズの尻のポケットに入れて置けないのが夏場の欠点だな
ちなみにバイブルサイズを使っていた時はそこら辺に落ちている紙切れに落書きのようにメモしてました  
posted by Gen at 23:38| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | メモ ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23369191
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

手帳ドットコム
Excerpt: 手帳、システム手帳、電子手帳・・・・手帳に関する情報満載。
Weblog: 手帳ドットコム
Tracked: 2006-09-11 10:52
最近のコメント
最近のトラックバック