2013年10月27日

希望と期待の場所とは


いつになると 見つかるやら


今年も 年末と言う季節がやってきそうだ
posted by Gen at 20:27| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

空が紫色だったとしたら雲の色はどんな色

艶色

岡本 吏郎さんの「お金の現実」 裏バージョン「裏 お金の現実」というのをまたまた 古本屋さんで見つけてしまった。
自費出版の本なので 買おうかな?? と迷っていたが まさか古本屋さんで見つけるとは・・・
公務員の人数をいきなり減らすと 地方が 末端から影響が出てくることが・・知らなかった。
「割り箸から車まで」で 東北で地元の木を使って新しい町おこしの事が 出ていたり 養殖の魚にフルーツを与えて新しい試み・・
最近、こういう本を読むことが多いのか?単にそこが気になったのか?

考えていくと すべての要素が含んでいる
新しいことを 始めようとしない 尾鷲などこれからどうなるのだろう??

以前読んだ本に
<インドの辺鄙な片田舎で よくできた民芸品を作る部族がいた。
険しい道を 若者が1週間もかけて 大きな街へ民芸品を売りに行き生活していた
老人や街の人がこれをかわいそうにと 一本の広い道を整備してやると
若者は、道が良くなり すぐに帰れるしと 村に帰らなくなり村は過疎化を加速させた>というような話を読んだことがあるが

尾鷲ってこの話 ピッタリ嵌っているように思えるは・・・
posted by Gen at 12:55| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Want&Wish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

虹の橋を歩いて渡って行けるとしたら 色や空気はどんな感じ

冷たくて 湿っぽいんだろうな〜

本を買うとき 西洋と東洋の考え方、進化論、昔(大昔)の大工さんの話が結構好きである
最近、また古本屋で 20世紀の頃の本で ブルートレイン のデザインをした(らしい)秋岡 芳夫さんの「割り箸から車まで」という のを見つけて読んだ
あまり(ほとんど) 自動車のことは 書いてなく 世間の消費批判の多い本だったが
刃物の研ぎ方 選び方 大事にするとはどんなことか? かなり勉強させられることが多かった。
デザイナーというのは 面白い発想すから なんか好きだな・・・

その中に
日本料理は親切料理か?親切な物づくりをしたい。
A「日本の料理は親切な料理だ。歯のない年寄りも食べられるように、子供の口にも合うように思いやって包丁を入れ、味つけがすませてある。だから日本の箸にはナイフもフォークも、そしてスパイスもいらない。日本の料理は思いやりのある親切な料理だ」
B「西洋の料理は客の主体性を認める。食べる人間が料理に参加できる余地がちゃんと残してある。客が好みの大きさに切って食べられるようにナイフを添えている。味つけも、最終の仕上げの一歩 手前でやめるのが料理人のマナーだ。そうしておけば、客は卓上のスパイスで自分好みの味に料理を仕上げてたべられる。西洋の料理こそ、思いやりのある親切な料理だ。」
A「西洋の料理には日本の料理のように、だれの口にでも合うように料理を完成して食卓に出せる、そんな味つけの技術がない。西洋の料理は未完成の料理だ。あれは料理じゃない。食物の下ごしらえに適ぎない。」
B「皆のよろこぶ平均値的な味つけの技術なんてナンセンスだ。人間には一人一人個性がある。味の好みだって皆違う。その違いを認め、料理をしすぎないようにするのが西洋の料理のやり方だ。日本の料理の味つけは、画一的で平均的で、おしつけがましい。」
A「西洋料理の味つけこそ画一的ではないか。肉でも野菜でも同じソース、同じスパイスで材料のもち味を殺してしまう。それに較べたら、日本の料理は材料にも親切にする。材料それぞれの持ち味を活かすように、味を引きだすように調理する。材料の個性を活かすのが日本の料理なのだ。決して画一的じゃない。」

とある
料理ではないが
昔、どうせ付け替えるんだからと グレードの安い車を選んでいたのは 僕が西洋風だったのだろうか
だとしたら、 最近、和風に変貌しつつあるのかもと思わされる
posted by Gen at 11:03| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

詩を書くとしたらどんなことを書く

ZR-1との日々を綴ってみたい


以前、中国人と話しをした時
日本語は難しいと言っていて
「なんで〜」 「どこが〜」と質問すると 漢字が難しいとの答えが
漢字の国 なのに 何を言ってんだろうと その時は不思議に思ったが・・・

TextToWav0717で スキャナで拾い始めて約1年 音に直した本が 111冊
未だに 「間」「後」「方」など読み方を固定できない
これが 彼が言った難しいと言った意味なのかも・・・
posted by Gen at 17:47| 三重 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

洞穴に絵を描けるとしたら どんな絵を描く

DSC00539.JPGドラえもん

9月15日 久しぶりに(たまには)尾鷲の八幡山まつりに出席なんてしてみると
ウチの町の町旗の先端が・・・
足りない所もあるは、曲がってるは もっと早く言えば(気をつけた持てば)少しで直るのに・・・
みんなの目が一応、やれる所までやれっと訴えられて預かったしまった。


posted by Gen at 15:22| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾鷲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

海の中で生活するとしたら

DSC00542.JPGバニーガールの姿をした 乙姫さんに膝枕してもらって寝て過ごす


半田が終わり
手袋に付いた フラックスで変色したのか?などと思っていたら 数枚 銅板が貼ってある
気に入らないし ボクの独断で真鍮に換えてしまおう
posted by Gen at 10:36| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾鷲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

自分で恋愛物語を作るとしたら どんな物語に・・

DSC00545.JPG著者 山川 健一さん>『ここがロドスだ ここで跳べ』を参考に
小説があまり好きでないボクが読む 10代で 高校生の時からなんとなく読み続けている小説家?
何となく波長が合うんだろうな


これくらいで 勘弁してもらおう
posted by Gen at 08:34| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾鷲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
最近のトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。